1. 看護師の求人なら【看護師Z】トップ
  2. 「フットケア領域」
  3. Vol.9 2011年 4月 「足が痛いとき」検査はどんなことするの?何がわかるの?

「フットケア領域」 Vol.9 2011年 4月 「足が痛いとき」②

新古賀病院
石橋 理津子さん

創傷治療センター(通称:足外来)看護師長
褥瘡認定看護師
日本フットケア学会フットケア認定指導士
日本静脈学会認定弾性ストッキング・コンダクター

 

前回のエッセイの冒頭で、九州でのフットケア研究会発足のお知らせをいたしました。
その関係上、非常に多忙な日々を過ごしております。
その為、エッセイものびのびとなったことをお詫びいたします。(少し、言い訳です。。。)

すでに4月となりました。
あたりは桜吹雪です。ようやく待ちに待った桜はあっという間に風とともに去ろうとしています。はかないものです・・・。はかないからこそ美しい。
3月11日に発生した、東日本大震災の被災にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。 一ヶ月が経過した今でも多くの方々が避難所生活を余儀なくされておられるということ。 寒気が強くいつまでも暖かくならない時期での被害、凍傷にかかった方々も少なくないと聞いております。 また狭い避難所生活、やはり今回もエコノミー症候群対策が早くから叫ばれておりました。多くの方々が足に何らかの障害を来たしているのではないかと心配しております。
そのような中、ボランティアの方々が避難所で足浴をしている映像がTVから流れ、いろんなところに足が大事だと考える医療スタッフが増えてきていることを嬉しく感じました。 このような避難所生活、医療診断機器がないようなところでも、足病変の有無の見当がつく検査方法もなかにはあります。それらも含めてご紹介しましょう。

まず、前回のエッセイで「循環器科への受診」をご紹介しました。
足病変で一番肝心なところは足の血流ですよ、ということでした。
この足の血流の有無ですが、高い医療機器を使わなくても予測がつく検査があります。

1) 視診

まずはキチンと足を見ることが大事です。
POINT:足の色
皆さんは、しみじみと足の観察をした経験がありますか?爪をきるときだけ?お風呂にはいるときだけ?
明らかに、片方だけに赤みがかった足や、薄紫に変色している足であれば何らかの異常があると考えても良いですね。 両方の足を並べて見比べてみましょう。
以外と左右の足の形、長さが違うことも発見できるかもです。

2) 触診

次は、足にふれてみましょう。
POINT①:温度
左右の足を触ってみて左右差の温度に違いを感じた、明らかに冷たい足には要注意です。

POINT②:動脈触知
足の血流の有無を確認するときに必ず確認することが、動脈の触知です。
足の動脈で表面の皮膚から直接、動脈の拍動が伝わる部位が4ヶ所あります。
上から、ソケイ・膝の裏・足の甲・くるぶしのあたり。
医学用語で表現すると、外腸骨動脈(そけい)・膝下動脈・足背動脈・後けい骨動脈です。
この部分を指で触れてみてください。血流のある足であれば動脈の拍動(ドクッドクッドク)と伝わってくるはずです。 この検査は簡単且つ非常に重要な触診検査です。
しかも、場所だけ把握すれば医療従事者ではなくても確認することが容易にできます。

画像

最低、この2ヶ所だけでも触れる場所を確認しておき、気になる場合は触れてみましょう。
足背動脈に関しては約20%の方が正常でも触れないことがあるといったデータもあります。
そのような場合は視診もあわせて検討が必要ですね。

 

「看護どっと合言葉」より転載

「フットケア領域」コンテンツ一覧