1. 看護師の求人なら【看護師Z】トップ
  2. 「フットケア領域」
  3. Vol.1 2009年 11月「足が痛いとき・・・」

「フットケア領域」 Vol.1 2009年 11月 足が痛いとき・・・・・

新古賀病院
石橋 理津子さん

創傷治療センター(通称:足外来)看護師長
褥瘡認定看護師
日本フットケア学会フットケア認定指導士
日本静脈学会認定弾性ストッキング・コンダクター

 

「足が痛いとき、どうしますか?」
この質問に対し全国の30〜60歳代の男女800人を対象にアンケートを行ったところ、
「安静にして様子を見る」34.5%、「病院へ行く」25%、「インターネットで調べる」9.8%、「市販薬で対処する」7.3%などが挙がった。
またさらに「病院へ行く」と答えた人に、「どの医療機関にいくか」と尋ねたところ、「整形外科」が36%で最も多く、
以下は「循環器科」19%、「血管外科」17.5%「どこに行けばいいのかわからない」13.5%、「内科」12.5%であった。
(動脈硬化に関する意識調査:ジョンソン・エンド・ジョンソン:2009年10月)

足の痛みとは様々な原因でおこります。
長く歩いたときの痛み、走ったときの足底の痛み、 合わない靴をはいたときの痛み、まき爪やたこによる痛み、
これらは疲労または圧迫によって生じる痛みです。という事は健常者にも起こりうる「痛み」なのです。
しかし、このようは「痛み」のときに医療機関を受診する、 といった思考が果たして浮かぶのか?
先ほどのジョンソン・エンド・ジョンソンの意識調査でわかるように、殆どの方が様子をみることを選択されます。
しかし年齢がかさむにつれ、基礎疾患のある方においては、その痛みの原因が別のところに隠れている可能性が
高いということを医療従事者は知らなければなりません。
しかし国内における「足病変」に対する知識は、まだ医療機関においても浸透していない現状があります。
従って足が痛くても、痛いと相談されても見過ごされていることが大いにあり得ます。

 

健常者においても、足が痛いことにより何らかの制限が出てくるわけですから、
その痛みを取り除くこと=苦痛の緩和及び除去 が必要となってきます。
「足が痛いとき、どうしますか?」
もちろん「適切な判断・処置ができる医療機関を受診する」ことが最も良い解答となりますね。
では「適切な判断・処置ができる医療機関」とは何科をあらわしているのでしょうか・・・。
次回で「足病変」にかかわる診 療科をご紹介します。

 

「看護どっと合言葉」より転載

「フットケア領域」コンテンツ一覧